パチンコガイドライン

CRF.バイオハザードリベレーションズ スペック・ボーダー・攻略情報

calendar


人気ホラーゲーム「バイオハザード」がパチンコでまたまた登場。

この記事では、SANKYOから発売される「CRF.バイオハザードリベレーションズ」の情報を紹介しています。
・基本スペック
・ボーダーライン
・当選時の内訳

などなど、実践するうえで役に立つ情報を随時更新していきます。

スポンサーリンク

機種概要

導入日・台数など

メーカー
SANKYO
導入日2018年11月5日
導入台数約30000台
筐体枠フォーチュン枠

筐体画像

機種の特徴など

世界的に人気のあるホラーゲーム「バイオハザード」のパチンコ第3弾です。これまでは、大一さんから「初代バイオハザード」「バイオハザード0」がリリースされていましたが、今回はSANKYOサンからのリリース。

スペックは、319タイプのミドルV確変ループ。通常時からも25%で約2400個の大当りがあるのが大きな特徴です。まあ、そのしわ寄せは確変突入率40%というところに来ているわけですが。時短は100回転ありますが、なかなか厳しいですね。

右打ち「SPECIAL HAZARD TIME(RUSH)」中は、クリーチャー撃破で16R約2400個を獲得。負ければ2R短開放で時短100回突入です。

似たようなスペックに「北斗7転生」「真北斗無双第2章」などがありますが、通常時当選の振り分けがさらに極端になっているので現役機種では最高クラスの荒いスペックといえそうです。

スペック

基本データ

■当選確率
低:1/319.6 → 高:1/138.8
■賞球数
4(ヘソ) & 1(電チュー) & 4 & 15(アタッカー)
■確率変動
確変突入率(ヘソ):40%
確変突入率(電チュー):65%
※V入賞で確変。次回当選まで継続。
■大当りラウンド・カウント数
16R:約2330個 4R:約590個
2R:約90個(短開放)
【右アタッカー:賞球15個 × 9C】
■電チューサポート回数
100回・次回まで
■備考
8個保留    V確変

当選時の振り分け

■ヘソ当選時の振り分け(特図1)
ラウンド
出玉
電サポ回数
割合
16R確変約2330個次回25%
4R確変約590個次回15%
4R通常約590個100回60%
■電チュー当選時の振り分け(特図2)
ラウンド
出玉
電サポ回数
割合
16R確変約2330個次回65%
2R通常(短開放)約90個100回
35%

攻略情報

ボーダーライン

交換率
ボーダーライン
2.5円(40玉)22.1回
3.03円(33玉)20.3回
3.33円(30玉)19.6回
3.57円(28玉)19.0回
4.0円(25玉)18.1回
トータル確率
4R出玉1/42.7

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す